タイトル: Instagramのアクセシビリティを向上する取り組み

November 28, 2018

視覚障がいをお持ちの方にもInstagramを簡単にご利用いただけるよう、2つの新しい改善を導入します。視覚障がいを持つ人は世界中に2億8,500万人を超えます。Instagramのアクセシビリティが向上することで恩恵を受ける方は多くいらっしゃいます。

1つ目の改善では、自動代替テキストを導入し、フィード、発見、プロフィールを使用する際にスクリーンリーダーを通じて写真の説明を聞くことができるようにします。この機能ではオブジェクト認識技術を使用し、スクリーンリーダー用の写真の説明文を生成します。これにより、利用者がアプリを閲覧するのに合わせて、写真に写っている可能性のあるアイテムのリストが読み上げられます。

2つ目の改善では、カスタム代替テキストを導入し、写真をアップロードするときに投稿者が写真のより詳しい説明を追加できるようにします。スクリーンリーダーを使用する人にはこの説明が読み上げられます。

これらの取り組みはInstagramのアクセシビリティを向上するための最初の一歩です。今回の改善について、詳しくはInstagramヘルプセンターをご覧ください