コミュニティの最も若いメンバーのためにInstagramの安全性を向上します

December 4, 2019

Instagramコミュニティの最も若いメンバーのためにより安全な体験を構築する継続的な取り組みの一環として、いくつかの変更を発表します。

生年月日をたずねます

今日から、Instagramでアカウントを作成する際に、生年月日の入力を求めます。利用規約では、ほとんどの国でアカウントを所有できる年齢を13歳以上としています。この情報をたずねることで、年齢制限に満たない人がInstagramに参加するのを防ぐことができ、青少年の安全を守るとともに、全体的により年齢にふさわしい体験が可能になります。生年月日がInstagramで他の利用者に表示されることはありませんが、自分の非公開のアカウント情報を表示すると確認できます。

FacebookアカウントをInstagramアカウントにリンクしている場合は、Facebookプロフィールに登録されている生年月日を追加します。これは公開情報にはならず、Instagramで自分のアカウント情報を表示する場合に、自分のみに表示されます。Facebookで生年月日を編集すると、Instagramでも生年月日が変更されます。Facebookアカウントをお持ちでない場合やアカウントをリンクしていない場合は、Instagramで直接、生年月日を追加または編集できます。

年齢にふさわしい、より安全な体験を構築します

今後数か月の間に、ご提供いただいた生年月日の情報を利用して、アカウント管理に関する教材や青少年向けに推奨されるプライバシー設定などの、よりパーソナライズされた体験を作り上げます。

メッセージのプライバシーを強化します

最後に、Instagramで自分にダイレクトメッセージを送信できる人を管理するための変更も行っています。この機能では、自分がフォローしている人のみに、自分にメッセージを送信することや自分をグループスレッドに追加することを許可できます。この設定をオンにすると、自分がフォローしていない人からは、メッセージ、グループメッセージリクエスト、ストーリーズへの返信などが届かなくなります。

これらの最新の変更は、特にInstagramコミュニティの最も若い利用者にとってInstagramを安全で支え合える場所にするための、継続的な取り組みの一環です。詳しくはInstagramヘルプセンターをご覧ください。

関連記事

製品に関する他のお知らせをチェックしよう