利用者によるコントロールを強化

2021年5月26日

すでにお気づきかもしれませんが、Instagramは「いいね!」の数を非表示にするテストを実施してきました。そしてこのたび、InstagramとFacebookを使うすべての方を対象に、「いいね!」の数を非表示にするオプションの提供を開始しました。これにより、自分に最適な設定を選べるようになります。

弊社はテストを通じ、Instagramで「いいね!」の数を非表示にすることによって、利用者のプレッシャーを和らげられるかどうかを確認してきました。利用者や専門家から意見を聞くと、「いいね!」の数が表示されないことを歓迎する人もいましたが、「いいね!」の数を参考にトレンドや人気のトピックを確認している人などには不評でした。そこで、表示するかどうかは、各自が自分で選べるようにしました。

弊社は、利用者が自分のエクスペリエンスをコントロールする方法を増やしていこうと考えています。そのため、DMから不快なコンテンツをフィルタリングできるようにする新しいツールを発表しました。また、Facebookのニュースフィードで表示されるコンテンツやシェアするコンテンツをコントロールする方法を利用者に提供するために、フィードフィルターバー、お気に入りのフィードコメントできる利用者の選択などの機能を導入してきました。

公開投稿への「いいね!」の数を非表示にする新しいオプション

本日より、自分のフィードに表示されるすべての投稿の「いいね!」の数を非表示にできるオプションを提供します。また、自分の投稿に寄せられた「いいね!」の数を、他の利用者が確認できないように、非表示にすることもできるようになります。こうすることにより、「いいね!」の数ではなく、シェアされている写真や動画そのものに集中できるようになります。

DaisyのQPと設定の画面

他の利用者の投稿に付いた「いいね!」の数を非表示にするには、[設定]に新たに追加された[投稿]セクションにアクセスします。ここでの設定は、フィードのすべての投稿に適用されます。

Daisyのフィードとプロデューサーの画面

専門家やクリエイターとのコラボレーション

Instagramに期待することは人によってさまざまで、ニーズは刻一刻と変化しています。Instagramではサードパーティの専門家との連携を通じて、利用者の力を引き出し、自己認識を高め、Instagramでより満足度の高い経験をしてもらう方法について理解を深めてきました。

その一環として、The Jed Foundationや、Bunny Michael (@bunnymichael)、Schuyler Bailar (@pinkmantaray)などのクリエイターと協力して、オンラインでのプレッシャーに対処する方法などをアドバイスする新しいInstagramガイドを作成しました。

また、Instagramの利用体験や、コミュニティをサポートするためのポリシーや製品の改善方法について、外部委託による調査を推進しています。現在、世界中の学術機関や非営利団体から研究提案を募集しています。興味のある方は、こちらで申請の詳細をご確認いただけます。

「いいね!」の数を非表示にできるようにするのは、大きな変更です。弊社はこれからも、利用者の皆さまの選択肢を増やす新たな方法を模索し、皆さまが弊社のアプリで充実した時間を過ごせるよう取り組んでまいります。

関連記事

Instagramに関する他のお知らせをチェックしよう