Instagramの仕組みを解き明かす

By Adam Mosseri

2021年6月8日

仕組みがわからないものは、安心して利用しにくいものです。そこでこのたび、Instagramの仕組みについて利用者の皆さまにわかりやすく説明したいと思います。世間では多くの誤解があるようですが、Instagramの仕組みを正しく理解してもらえるように力を入れたいのです。これから数回にわたって一連の投稿を行い、Instagramの技術的な仕組みと、その仕組みがアプリの利用体験に与える影響について解き明かしていきます。その初回として、今回は次のような疑問にお答えしたいと思います。「自分に表示されるコンテンツは、どのように決められるのか?」「なぜ、自分が書いた投稿の一部の閲覧数が、他の投稿よりも多いのか?」「[発見]タブに表示されるものは、どのように決まる?」

「アルゴリズム」とは?

誤解の中でもぜひ正しておきたいのは、「アルゴリズム」に関するものです。利用者が見たもの・見ていないものを監視するひとつのアルゴリズムというものは、Instagramには存在しません。実際は、さまざまなアルゴリズム、分類機能、プロセスが使われていて、それぞれの役割を担っているというかたちです。皆さまには、Instagramで過ごす時間を最大限に活用していただきたいと願っています。そのための最善の方法が、テクノロジーを利用して個々の利用者のエクスペリエンスをパーソナライズすることだと考えています。

2010年にリリースした当初のInstagramでは、単一の写真ストリームが時系列で表示されていました。利用者が多くなりシェアされるコンテンツも増えると、ほとんどの皆さまは、すべてのコンテンツどころか、見たい投稿すら全部はチェックできなくなりました。2016年には、見られずに終わったフィードの投稿の割合は70%に達しました。その中では、親しい人の投稿についても、半分近くが見逃されていました。このような状況を踏まえ、利用者の関心に基づいて投稿をランク付けするフィードを開発して導入したのです。

フィード、[発見]タブ、リールなどの各機能では、それぞれの用途に合わせた個別のアルゴリズムが使われています。例えば、ストーリーズ投稿は親しい友達の投稿を見るためによく利用される一方、[発見]タブは新しいものを求めて利用される傾向があります。こうした用途に基づいて、ランク付けの仕組みも変えているというわけです。

フィードとストーリーズのランク付け

これまでの経験で明らかになっているのは、フィードとストーリーズが友達や家族などの親しい人のコンテンツを見るために利用されていることです。ランキングのアルゴリズムというものは、どのようなものでも、いくつかのステップで構成される仕組みです。

最初のステップは、上位にランクするコンテンツを定義することです。フィードとストーリーズについては、わりと簡単なことです。利用者がフォローしている人がシェアした最近の投稿が、これに該当します。広告のような例外も多少ありますが、Instagramで自動的に表示されるもののほとんどは、自分がフォローしている人によってシェアされたものです。

次に行うのは、投稿とその投稿者、および利用者の好みに関するあらゆる情報を集めることです。こうした情報を「シグナル」と呼び、数千個のシグナルが存在します。投稿がシェアされた時刻や、利用者がスマートフォンとPCのどちらを利用しているか、どのくらい頻繁に動画に「いいね!」するか、といったものです。フィードとストーリーズで使用される重要なシグナルを、おおよその重要度に基づいて以下に示します。

  • 投稿に関する情報。これには、投稿の人気度と、投稿に関する一般的な情報が含まれます。人気度は何人がその投稿に「いいね!」したかなどを含み、一般的な情報は投稿日時、動画投稿の場合はその長さ、投稿が関連付けられた地域などです。
  • 投稿者に関する情報。投稿者に対するあなたの関心の度合いを表すシグナルです。直近の数週間で、あなたとその投稿者との間に何回やり取りがあったかなどが含まれます。
  • あなたのアクティビティ。あなたが関心を持つ可能性があるものがわかります。あなたが「いいね!」した投稿数などが含まれます。
  • あなたと特定の利用者とのやり取りの履歴。あなたが、特定の利用者の投稿にどれくらい興味を持っているかがわかります。これには、相手の投稿にコメントしたかどうかなどが含まれます。

こうした情報に基づいて、予測のセットが作成されます。これは、投稿に対するさまざまなアクションの可能性を、情報に基づいて予測したものです。こうした予測のセットが、数十個ほど作成されます。フィードで重視するアクションは5つあります。具体的には、投稿に数秒間の時間を費やす、投稿にコメントする、「いいね!」する、保存する、投稿者のプロフィール写真をタップする、です。ある投稿について、あなたが特定のアクションを起こす可能性が高く、さらにそのアクションの重み付けが大きい場合、その投稿はあなたのフィードに表示される可能性が高くなります。あなたが関心を持つものが適切にフィードに表示されるようにするため、シグナルと予測は時間の経過とともに削除または追加されます。

他のことが考慮される場合もあります。例えば、同じ投稿者による投稿を連続して何件も表示することは、できるだけ避けるようにしています。別の例としては、フィードから再シェアされるストーリーズが挙げられます。最近まで、そのようなストーリーズの重み付けは小さく設定されていました。オリジナルのストーリーズのほうが見たいという声をいつも伺っていたからです。しかし、世の中がワールドカップで盛り上がったり、社会不安が高まったりしているときなどは、投稿の再シェアが増え、自分のストーリーズが平時よりも多くの人びとに届くことを期待するようになります。こうしたことを考え、再シェアの重み付けを小さく設定することは止めました。

皆さまには、自分を表現していただきたいと常に願っています。ただし、他の人の安全を危険にさらす可能性がある投稿については、しかるべき措置を取らせていただきます。Instagramのコミュニティガイドラインは、フィードとストーリーズだけでなく、Instagramのすべてのコンテンツに適用されます。ここで規定されているルールの大半は、人びとの安全を守ることに重点を置いています。コミュニティガイドラインに違反する投稿を発見した場合は、削除させていただきます。違反が繰り返し行われた場合は、その利用者によるシェアを禁止したり、最終的にはアカウントを停止したりする可能性もあります。もちろん、私たちも誤った判断を下すことがありえます。措置が間違っていると思われた場合は、こちらの手順に沿って異議申し立てを行うことができます。

別の重要な問題として、偽情報が挙げられます。第三者ファクトチェッカーによって虚偽と判断された投稿については、削除はいたしません。ただし、ラベルが付けられて、フィードやストーリーズでは目立たないように表示されます。偽情報を複数回にわたり投稿した場合は、その投稿者のすべてのコンテンツを見つけにくくする措置が取られることがあります。

[発見]タブのランク付け

[発見]タブは、馴染みのない新しいものに出会えるようにするためのものです。ここに表示されるのは、それぞれの利用者のためにInstagramが探し出した、おすすめの写真や動画です。そのため、表示されるものの大半がフォローしているアカウントのコンテンツで占められるフィードやストーリーズとは大きく異なっています。

ここでも、最初のステップは、投稿のランク付けです。ある利用者が興味を持ちそうな写真や動画を見つけるために、その人が過去に「いいね!」した投稿や、保存・コメントした投稿などのシグナルに注目します。例えば、あなたが最近、サンフランシスコでダンプリングを作っている、シェフのCathay Biさん(@dumplingclubsf)のいくつかの写真に「いいね!」したとしましょう。Instagramは、Cathayさんの写真に「いいね!」した他の利用者を調べ、そうした人びとが他に興味を持っていることを調べます。すると、彼女に「いいね!」した人は、サンフランシスコの点心レストラン@dragonbeauxにも関心があることがわかりました。この場合、あなたが次回、[発見]タブを開くと、@dragonbeauxの写真や動画が表示されるかもしれないというわけです。ここからわかるのは、あなたがダンプリングに関心を示した場合、関連トピックである餃子や点心に関する投稿が表示される可能性があることです。ただし、Instagramはそれらの写真の内容を必ずしも理解しているわけではないのです。

利用者が興味を持つ可能性がある複数の写真や動画を見つけると、フィードやストーリーズでのランク付けと同じように、それぞれの写真や動画に対するその利用者の興味の度合いを予測してランク付けします。利用者の興味の度合いを予測する最良の方法は、その投稿に対して利用者がどのようなアクションを行う可能性が高いかを予測することです。[発見]タブでの予測で重視されるアクションには、「いいね!」や投稿の保存・シェアなどがあります。重要なシグナルを、おおよその重要度に基づいて以下に示します。

  • 投稿に関する情報。投稿の人気度を測ります。どれだけ多くの利用者が、どれだけ素早く投稿に「いいね!」またはコメントしたか、あるいは投稿をシェアまたは保存したか、などがシグナルとなります。[発見]タブでは、こうしたシグナルは、フィードやストーリーズの場合よりもはるかに重視されます。
  • あなたと投稿者とのやり取りの履歴。ほとんどの場合、[発見]タブに表示されるのは知らない人の投稿です。ただし、ある投稿者と過去にやり取りがあった場合、そのことが、その投稿者の投稿に対するあなたの興味を推し量る判断材料になることがあります。
  • あなたのアクティビティ。あなたがそれまでどのような投稿に「いいね!」、保存、コメントといったアクションを取ってきたかや、[発見]タブの投稿にどのような反応を示したか、などのシグナルが含まれます。
  • 投稿者に関する情報。直近の数週間で、その投稿者と他の利用者との間に何回やり取りがあったかなどのシグナルが含まれます。魅力的なコンテンツを投稿している人を、多種多様な投稿者の中から探し出すのに役立ちます。

[発見]タブでは、自分がフォローしていない人の投稿が表示されます。そのため、問題がある投稿を目にした場合の対応は異なってきます。フォローしている友達による不快な投稿をフィードで見つけた場合、それは自分と友達との問題となります。一方、知らない人による不快な投稿を[発見]タブで見つけた場合は、扱いが異なります。

こうしたことを考えて、Instagramではコミュニティガイドラインに加え、[発見]タブなどで推奨されるルールを設けています。これは、おすすめに関するガイドラインと呼ばれています。このガイドラインでは、見た人を不快な気持ちにさせたり、デリケートなトピックを扱っていたりする可能性がある投稿を避けるなどのルールが規定されています。例えば、[発見]タブには、タバコや電子タバコの利用を推奨するコンテンツを表示しないように努めています。

リールのランク付け

リールの目的は、見て楽しんでもらうことです。[発見]タブと同様に、リールで目にする投稿のほとんどは、フォローしていないアカウントによるものです。そのため、リールでは、[発見]タブと似たプロセスで、利用者が気に入りそうなリールを探し集め、予測した興味の度合いに基づいてそれらをランク付けします。

ただし、リールの場合は「楽しさ」が特に重視されます。私たちは利用者を対象に、特定のリールを「楽しい」または「面白い」と感じるかを調査してフィードバックを集め、利用者が楽しめるリールを見極められるように努めています。その際は、フォロワー数があまり多くないクリエイターにも目を向けています。予測を立てるうえで重要なのは、リールを最後まで見る、「いいね!」する、「楽しかった」または「面白かった」とコメントする、音源ページに移動する(自分のリールを作ってみたいという刺激を受けたことを意味します)などのアクションです。重要なシグナルを、おおよその重要度に基づいて以下に示します。

  • あなたのアクティビティ。あなたが最近「いいね!」またはコメントをしたり、アクションをとったりしたリールを調べます。これらのシグナルを参考に、あなたとの関連性が高そうなコンテンツを把握します。
  • あなたと投稿者とのやり取りの履歴。[発見]タブの場合と同様、表示されるのは知らない人が作成した動画です。ただし、ある投稿者と過去にやり取りがあった場合、そのことが、その投稿者の投稿に対するあなたの興味を推し量る判断材料になることがあります。
  • リールに関する情報。動画内のコンテンツに関するシグナルです。解像度やフレームレートなどの動画に関する情報、音源、人気などが含まれます。
  • 投稿者に関する情報。投稿者の人気度は、魅力的なコンテンツを投稿している人を多種多様な投稿者の中から探し出し、あらゆる人にオーディエンスを見つけるチャンスを提供するのに役立ちます。

[発見]タブに適用された「おすすめに関するガイドライン」は、リールにも適用されます。さらに、解像度が低いものや透かしが入ったリール、政治的な問題を扱ったリールや、政治家、政党、政府関係者またはその代理が作成したリールなども、おすすめの対象からは外されます。

「シャドウバン」について

「シャドウバン」、すなわち何かを不当にブロックまたは削除したとして非難の声が寄せられる場合があります。この言葉は、皆さまがInstagramで経験したさまざまな事象を指して幅広い意味で使われています。これについては、至らなかった面があったと受け止めています。コンテンツを削除する理由や、推奨される行為と推奨されない行為、および、Instagramの大まかな仕組みについて、これまで必ずしも十分に説明しきれていなかったのです。そのために利用者の皆さまが「シャドウバン」について必然的に独自の考えを持つようになり、それが混乱や被害者意識につながることもあり得ます。ただし、これは決してInstagramが望むことではありません。私たちは状況を改善するため、強く取り組んでいます。私たちはまた、毎日数百万に及ぶ報告に対応しています。そうすると、ほんの一部について対応を誤った場合でも、数千人の人びとが影響を受けることになります。

自分の投稿への「いいね!」やコメントが少ないことも、「シャドウバン」として語られているのを耳にします。これについては、そもそも、ある利用者の投稿がいつも同じ数のオーディエンスにリーチできるとは限りません。実際のところ、あなたのフォロワーのほとんどは、あなたがシェアしたコンテンツを目にしていません。なぜなら、ほとんどの人はフィードに表示される投稿の半分も見ていないからです。ただし、私たちにできることとして、コンテンツを削除する理由についてオープンにわかりやすく開示するとともに、対応の誤りを減らし、誤りが生じた場合は素早く正し、システムの仕組みについてよりわかりやすく説明するよう努めるのは、可能なことです。そのため、投稿が削除された場合などに、その投稿者に即座に理由が通知される高度なアプリ内通知機能を開発しているところです。また、投稿内容がおすすめに関するガイドラインに違反した場合に投稿者に通知する方法についても検討を重ねています。他にも多くのことを近日中に発表する予定です。また、今回の一連の投稿の中でも、後ほど詳しく触れる予定です。

自分に表示される投稿をコントロールするには

Instagramで何が表示されるかは、皆さまの利用方法に大きく影響されます。プロフィールやお気に入りの投稿にアクションを起こすだけでもエクスペリエンスの向上につながりますが、より直接的な方法もいくつかあります。

  • 親しい友達を指定する。ストーリーズでは、親しい友達を選択できます。これは、親しい人とだけシェアするための機能ですが、ここで指定した友達は、フィードやストーリーズでも優先的に扱われます。
  • 興味のない人をミュートする。特定の人の投稿を見るのを止めたいが、その人のフォローは止めたくない場合は、その人のアカウントをミュートできます。ミュートしたことは、相手にはわかりません。
  • おすすめの投稿を「興味なし」とマークする。[発見]タブやフィードでおすすめされた投稿を、「興味なし」として指定できます。そうすれば、似たような投稿については、その後はできるだけ表示しないように努めます。

コンテンツをどのようにランク付けし、利用者に表示または表示されないようにするかについて情報を提供することは、やるべきことのほんの一部に過ぎません。利用者の皆さまがInstagramの利用体験を自分好みにしやすくするために、私たちができることは他にもあります。ランク付けのテクノロジーについても引き続き改善の必要があり、対応の誤りも減らす必要があります。今回の投稿で取り上げた3つの分野(フィードとストーリーズ、[発見]タブ、リール)の仕組みについて、これからも積極的に説明していきたいと思います。どうぞご期待ください。

関連記事

他のお知らせをチェックしよう