#SaferInternetDay

2022年2月8日

本日はセーファーインターネットデーです。これは、インターネットを安全に利用する方法を人々に理解してもらうための日です。この記事では、Instagramが利用者と利用者のアカウントの安全を確保するために行ってきた取り組みの一部をご紹介します。取り上げる内容は次のとおりです。

  • アカウントの安全を確保するためのアドバイス
  • セキュリティの確認機能を使ってアカウントの安全を確保する方法
  • いじめや不快なコンテンツがInstagramに表示されないようにする方法
  • 自分のアクティビティの管理を強化できるテスト中の新ツールと、アカウントにアクセスできなくなった場合に友人に助けてもらう方法

アカウントの安全を確保する

弊社は昨年夏、アカウントが不正アクセスされた可能性がある利用者のために、「セキュリティの確認」機能をリリースしました。そしてこのたび、全世界のすべての利用者にこの機能を提供することになりました。「セキュリティの確認」は、利用者がアカウントの安全を確保するために必要な手順を案内するもので、ログインアクティビティのチェック、プロフィール情報の精査、ログイン情報を共有しているアカウントの確認、電話番号やメールアドレスなどアカウントリカバリ用の連絡先情報の更新などについてお伝えします。セキュリティの確認を完了するには、[プロフィール]に移動して右上のメニューをタップしてから、[設定]、[セキュリティ]、[セキュリティの確認]の順にタップします。

プロアクティブなセキュリティの確認

アカウントの安全を確保しやすくするために、強度の高いパスワードを設定していて、二段階認証を有効にしていることを確認してください。一部の国では、WhatsAppを使って二段階認証を有効にするというオプションもご利用可能になりました。あるいは、電話番号を使って二段階認証を有効にするか、Duo MobileやGoogle認証システムなどの認証アプリを使用することもできます。認証アプリをお使いの場合、複数の利用者が管理するInstagramアカウントで、複数のデバイスにわたり二段階認証を有効にすることができます。この方法について、詳しくはInstagramヘルプセンターをご覧ください。

二段階認証

Instagramでのアクティビティを管理する

弊社は昨年末、Instagramでのアクティビティを1か所で確認して管理できる新しい機能のテストを始めました。これは「アクティビティ」と呼ばれる機能で、すべての利用者に提供される予定です。

利用者は、自分のコンテンツ(投稿、ストーリーズ、動画、リール)やインタラクション(コメント、「いいね!」、ストーリースタンプなどのリアクション)をまとめて管理(削除やアーカイブ)できるようになります。また、日付でコンテンツやインタラクションの並び替えや絞り込みを行い、特定の期間のコメント、「いいね!」、ストーリーズへの返信を検索することが、1か所でできるようになります。最近削除またはアーカイブしたコンテンツを検索したり、検索履歴、アクセスしたリンク、利用時間を確認したり、自分の情報をダウンロードしたりすることも可能です。

[アクティビティ]にアクセスするには、プロフィールに移動して右上のメニューをタップしてから、[アクティビティ]をタップします。

アクティビティを管理する

友人の助けを借りて自分のアカウントにアクセスする

アカウントにアクセスできなくなった利用者を助けるため、ご自身のアイデンティティの確認を友達に依頼することでご自身のアカウントへのアクセスを再度取得する方法をテスト中です。この機能については、近いうちに詳細をご紹介します。

信頼できる友人

ご自身のコンテンツと報告の状況に関する詳細情報を探す

コミュニティガイドライン に違反するコンテンツを投稿した際は、ご自身のアカウントステータスに表示されます。アカウントステータスにアクセスするには、[プロフィール]から右上のメニューをタップした後、[設定]、[アカウント]、[アカウントステータス]の順にタップします。ここで、ご自身の投稿で削除されたものがあるか、ご自身のアカウントが停止されるリスクがあるかを確認できます。Instagramに表示されるアカウントの状況に誤りがあると思われる場合は、アカウントステータスから[審査をリクエスト]をタップして、直接異議を申し立てることもできます。

アカウントステータス

いじめや不快なコンテンツなど、Instagramに存在するべきではないものを見つけた利用者は、それをInstagramに報告できます。Instagramはコンテンツを24時間体制で速やかに審査し、「コミュニティガイドライン」に違反しているコンテンツを削除します。Instagramでの報告は匿名なので、知的財産権の侵害に関連する場合を除き、報告されたコンテンツの投稿者には報告者が誰なのかがわかりません。レポートを報告する方法について、詳しくはInstagramヘルプセンターをご覧ください。従来どおり、Instagramでは、複数の報告があったからということではなく、Instagramのルールに違反するコンテンツのみを削除しています。

レポートフロー

報告を行った場合、その報告はサポートリクエストに表示されます。この機能で、提出済みの報告のステータス、および過去の報告の履歴が表示されます。サポートリクエストにアクセスするには、[プロフィール]に移動し、右上のメニューをタップしてから、[設定]、[サポートリクエスト]の順にタップします。そこでレポートをタップすると、ステータスの詳細情報が表示されます。また、[その他のオプション]をタップすると、おすすめするアクションとして、報告したコンテンツを所有する利用者に対して、ミュートする、ブロックする、制限する、フォローをやめるが表示されます。報告いただいたコンテンツに対してとられたアクションに同意しない場合、[審査をリクエスト]をタップすると再検討が行われます。

サポート受信箱

関連記事

他のお知らせをチェックしよう